最近注目されている夜勤専従看護師!

夜勤専従看護師の求人情報発信サイト

夜勤専従看護師はどんな仕事を行うの?

この数年で、看護師のワークスタイルの多様化が進み、家庭と仕事の両立のため、日勤だけを行う看護師の方も増えてきました。 日勤のみを行う看護師の方が増えると、夜勤をする人員が不足するというのが常識ですが、最近は夜勤を専門に行う夜勤専従看護師を選ぶ方も増えてきているため、日勤・夜勤は、従来通りのバランスを保っていると言われています。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

では、夜勤専従看護師として働くことを希望する際、どのようなスキルが求められるのでしょうか?今回は、具体的な業務内容を踏まえながら、必要となるスキルや適正をご紹介していきたいと思います。

夜勤専従看護師の行う仕事は、看護師が実施する夜勤の業務と同様のものです。 例えば、病棟担当であれば、点滴管理や採血・検温、体位交換、おむつ交換、トイレ介助などとなり、救急外来であれば、救急患者の受け入れなどを行います。

また、当直医の診察補助や連絡管理業務、患者さんへの案内や説明、メンタルケアも担当します。 病棟担当の場合は、夜勤専従看護師以外にも数名の看護師がいるケースがほとんどですが、救急外来の場合は、夜勤専従看護師一人で対応をすることも少なくありません。

そのため、救急外来担当の夜勤専従看護師は、高い技術と知識、豊富な経験、迅速な対応と判断力が求められます。夜勤専従看護師は、病棟での夜勤経験があれば応募が可能であるケースがほとんどです。スキルと言うよりも、夜勤経験の有無が採用を左右すると考えて良いでしょう。

但し、配属される診療科によっては、特定の勤務実績や専門知識などが求められるケースがありますので、求人情報をしっかりと読み込んでから応募することをオススメします。

夜勤専従看護師の求人は、少しずつ増えてきているとはいえ、まだまだ数が少ない状態にあります。また、意外に人気が高い職種でもありますので、応募をお考えの方は、小まめに看護師専門の求人サイトや転職支援サービスをチェックしておくと良いでしょう。
東京大学医学部附属病院

copyright 2013 夜勤専従看護師 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。