夜勤専従看護師はどんな仕事を行うの?

この数年で、看護師のワークスタイルの多様化が進み、家庭と仕事の両立のため、日勤だけを行う看護師の方も増えてきました。 日勤のみを行う看護師の方が増えると、夜勤をする人員が不足するというのが常識ですが、最近は夜勤を専門に行う夜勤専従看護師を選ぶ方も増えてきているため、日勤・夜勤は、従来通りのバランスを保っていると言われています。

では、夜勤専従看護師として働くことを希望する際、どのようなスキルが求められるのでしょうか?今回は、具体的な業務内容を踏まえながら、必要となるスキルや適正をご紹介していきたいと思います。

夜勤専従看護師の行う仕事は、看護師が実施する夜勤の業務と同様のものです。 例えば、病棟担当であれば、点滴管理や採血・検温、体位交換、おむつ交換、トイレ介助などとなり、救急外来であれば、救急患者の受け入れなどを行います。

また、当直医の診察補助や連絡管理業務、患者さんへの案内や説明、メンタルケアも担当します。 病棟担当の場合は、夜勤専従看護師以外にも数名の看護師がいるケースがほとんどですが、救急外来の場合は、夜勤専従看護師一人で対応をすることも少なくありません。

そのため、救急外来担当の夜勤専従看護師は、高い技術と知識、豊富な経験、迅速な対応と判断力が求められます。夜勤専従看護師は、病棟での夜勤経験があれば応募が可能であるケースがほとんどです。スキルと言うよりも、夜勤経験の有無が採用を左右すると考えて良いでしょう。

但し、配属される診療科によっては、特定の勤務実績や専門知識などが求められるケースがありますので、求人情報をしっかりと読み込んでから応募することをオススメします。

夜勤専従看護師の求人は、少しずつ増えてきているとはいえ、まだまだ数が少ない状態にあります。また、意外に人気が高い職種でもありますので、応募をお考えの方は、小まめに看護師専門の求人サイトや転職支援サービスをチェックしておくと良いでしょう。
東京大学医学部附属病院

日勤常勤看護師への転職 - デイサービスの場合

「デイサービス」は老人福祉法で定義された施設のことを指し正式には<通所介護>と呼ばれています。「入浴」「食事」「リハビリ」「レクリエーション」をするのが一般的です。ここでは、デイサービスで勤務する看護師の仕事についてご紹介いたします。

バイタル測定を基本として「運動か入浴が可能かどうかの判断」「摘便や浣腸」「点眼や軟膏」「インシュリン注射や血糖測定」「服薬管理」「傷の処置や爪切り」など病棟経験がある看護師ならば問題ない内容の仕事です。 デイサービスを利用される高齢者は概ね健康に問題がないレベルです。

しかしながら利用者の数の割りには看護師の数が少ないデイサービスも少なくありません。そういったデイサービス施設の場合は、とても忙しく仕事をこなさないとまわらないでしょう。家庭との両立を視野に入れて転職したにもかかわらず上手くいかないケースもあります。転職する前に施設の現状を知っておく方がいいです。

デイサービスでの看護師は「やりがいが見いだしにくい」という声があります。特徴として福祉が主役になり看護師は責任を伴うにもかかわらず脇役に徹するからが原因でしょう。看護師に判断を仰ぎながらも最終的な判断はケアマネージャーが決めることも多いです。

点眼や軟膏などやリスクがない人への爪切りなどはヘルパーでも対応できます。必要とされながらも存在意義を見いだせない看護師も少なくないのが現状です。

中にはレクリエーションの企画などをして楽しく仕事をしている看護師もいます。デイサービスによっても違いがありますし、興味があるならばさまざまな施設を体験するといいでしょう。

最後にデイサービスとデイケアの違いについて説明をしておきましょう。デイサービスは<通所介護>、デイケアは<通所リハビリテーション>です。両者は似ている名前ですから混同されてしまいがちですが目的が全然違います。

デイサービスの対象者は「在宅で日常生活も問題なく過ごせる人」です。目的は「社会的な交流を図って家族の負担を軽減すること」になっています。デイケアの対象者は「リハビリや介護を必要とする人」です。目的は「認知症状の改善や身体機能の回復によって日常生活を回復すること」になっています。

看護師が行う医療行為

看護師が本来すべき役割は、患者さんのお世話と医師の指示を受けての医療行為や医師の診察の補助をすることです。看護師は医師ではありませんから、看護師が行うことができる医療行為は制限されています。

レントゲン撮影は、通常、放射線技師が行うことが多いです。しかし、規模の小さい医院やクリニックなどでは、わざわざレントゲン撮影のために放射線技師を雇うことは少なく、医師がレントゲン撮影を行います。そのため、撮影のための準備は看護師が行うことがあります。

注射や点滴、採血などの医療行為は看護師も行いますが、本来ならば、レントゲン撮影の準備をすることは、看護師の仕事ではないかもしれません。ですが、小さい規模のクリニックでは、本来の仕事以外のこともできた方が役立つことがあります。

レントゲン撮影の準備を行う必要があるクリニックなどの看護師は、本などを読み独学で勉強しなければなりません。放射線技師のいる大病院に勤務している場合は、必要のない知識ですし、小さなクリニックでは、あまりレントゲンを撮る機会が少なく、現実的に実践の場で練習することができないからです。

レントゲンは、胸部や腹部、頭部、手や足、腰椎や頚椎など撮る部位によってやり方も注意点も違ってきます。機会があれば、レントゲン技師の方から知識を伝授してもらったり、場合によっては、レントゲン機器メーカーが勉強会を開いていることもありますから、そのような場に参加して知識を習得すると良いでしょう。

現在、医療現場では、看護師不足もさることながら、医師不足が深刻な問題となっています。そう言った背景から、看護師が本来の仕事以外のことまで行っていると言うのが現状のようです。

業務過多による医師不足を解消するため、少しでも医師の負担を軽くしようと、看護師が行うことのできる医療行為の制限を見直そうとする動きがあるようです。そのため、今後看護師が行える医療行為は増えて行くかもしれません。

ページの先頭へ