男性看護師が活躍する現場A

“看護師は女性”というイメージがなかなかぬぐえない中、活躍している男性看護師はたくさんいます。 特に男性ならではの「体力」や「パワー」を活かした看護は、今や現場になくてはならないものです。 中でも特に男性看護師が必要とされている現場があります。

それが「不穏患者対策」です。不穏患者とは精神的な安定が十分でなく、突如として不穏状態に陥り、時として暴れるなどの行動をとってしまう患者さんのことを言います。

患者さんが暴力的な行動に出たり、患者さん自らを傷つけてしまうような行動にでることがあります。 こうした場合、時にベッドに固定したり、安定剤を服用したり、注射を打ったりということが必要になってくるのです。

ただやはり暴れている人を落ち着かせるというのは簡単なことではありません。相手が大人の男性であれば、女性看護師は力負けしてしまいます。こういった場面では男性看護師が欠かせません。 男性看護師と言えど、相手が同じ大人の男性であれば危ないこともあります。

かみつかれたり、殴られたりする危険もあるでしょう。そういったことを含めて、男性看護師の存在が必要なのです。なお、こういった医療機関では、「危険手当」がついたり元々の基本給が高めに設定されていることが多いです。

はじめは大変かもしれませんが、慣れてくることですし、患者さんとの対話を通してやりがいを感じられることもあるでしょう。

ちなみに不穏患者は精神科系といったイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。 脳神経外科、感染症による脳炎を起こした場合、内分泌系の疾患でも不穏状態を起こすことがあります。 よって内科、外科を問わず起こりうることなのです。

今は男性看護師の活躍の場は精神科系の病院や診療科というところも多いかもしれませんが、今後は様々な科にもバランスよく配置される可能性もあります。もちろん、不穏患者対策のためだけに男性看護師がいるわけではありません。自身のやる気と知識、技術によってはどんなところでも活躍できるのです。

ページの先頭へ