医療機関以外の看護師の職場

看護師と言えば医療機関で働くというイメージがありますが、看護師の職場は医療機関だけではありません。最近では、訪問看護ステーションや介護施設がいい例でしょう。

訪問看護ステーションで働く看護師はは、在宅医療を行う患者さんにとって欠かせない存在です。 そして患者さん本人にとってはもちろんのこと、その家族にとっても身近な存在でもあります。 訪問看護では基本的に看護師ひとりで訪問することになるので、それなりの知識や技術、経験が必要です。

その分、自分の能力ややり方次第で仕事の内容を向上させたり、やりがいをもったりすることもできます。在宅医療は今後も発展していくと考えられるので、訪問看護ステーションにおける看護師の需要も増えていくことでしょう。

介護施設での需要も高齢化に伴って増えており、今後も同じく増えていくことが予想されます。 介護施設には医師が常駐していることがあまりないため、看護師は医療の“プロ”としての立ち位置になるのです。

もちろん医師の診断や治療が必要な時は、医師に取りついぐことになりますが、日々の業務は看護師が中心となっておこないます。また介護施設の全スタッフ数の割合からすると看護師は少ないので、一人一人がしっかりと判断し行動することが必要です。

一般企業の医務室などで働く看護師もいます。仕事内容は社員やその企業を利用するお客様のケガや病気の応急処置、社員の健康管理などです。健康管理では単に健康診断を行うということだけでなく、メンタルケアを行うこともあります。

医療機関での勤務に比べると、保健衛生、予防医学といった面が強くなるでしょう。またパソコンを使う機会も多いです。最近では治験コーディネーターとして看護師の資格を活かす人もいます。

治験コーディネーターとは新薬の開発に携わる仕事で、医師や製薬会社、研究機関、患者さんなど様々な立場の人の間に立って全体をコントロールしなければなりません。よって豊富な知識やコミュニケーション力などが求められます。現在では医療機関でしっかりと経験を積んでから転職する人が多いようです。

ページの先頭へ