妊娠してしまったら看護師は続けられないの?

結婚をしたら子供が欲しいと思う夫婦がほとんどだと思います。看護師であっても子作りに励んでいればいつしか妊娠はするものです。では、もし妊娠した場合、看護師の仕事は辞めなければならないのでしょうか?

実は、妊娠してすぐに離職してしまう人もいますが、 看護師の場合はお腹が大きくなりもうすぐ出産という 出産直前まで仕事を続ける人って多いんですよ。 ただ、妊娠している看護師の場合、 身体への負担を考慮しなくてはなりません。

看護師は立ち仕事が多く、職場によっては一日中 立っているなんてこともあります。 また、人の命に関わる仕事です。 人が亡くなる瞬間を目の当たりにすることもあるでしょう。 身体への負担だけでなく、精神面でも負担がかかります。 そして夜勤や残業がある職場もありますし、 忙しい職場ですと休憩もまともにとれません。

妊娠初期は流産にならないようにするためにも 安静にしていなくてはなりません。 そして体調管理もとても大切になってきます。 妊娠したら、内緒にするのではなく、 必ず職場の人に妊娠したことを話すようにしましょう。

実は申し出を行えば、夜勤をしなくてもよいという 法律がありますのでやはり母子ともに健康て いられるためにも妊娠したことは職場の人に絶対に伝えるべきです。 しかし、時には理解を得られない場合もあります、 例えば上司が男性だったり、男性医師の個人診療所などです。 男性は妊娠の大変さがわからないので仕方ないと思いますが。

もし、妊娠したことを伝えた時に、嫌な態度をとられたりしたら その職場で働き続けることは避けたほうが良いと思います。 辞めるという選択肢は自分のためでも、 赤ちゃんのためでもあります。 無理して仕事を続ける必要はありません。

もしもまだ就職をしていないのであれば、 いずれ結婚や出産をするときのことを考えて 予め産休や妊娠に対しての待遇がある職場を選んでおくと良いでしょう。

やはり女性看護師の場合、妊娠した際に 仕事を続けられるかどうかって重要だと思います。 出産直前まで働いていたり、産休がとれて復職できる 職場が良いと思っているのならきちんと職場に確認しておくことが大切です。

ページの先頭へ