高齢者や障害者を介護する施設で看護師として働く

看護師が活動できる職場は病院や診療所などの 医療機関だけではありません。 医療と関連する施設で働くということもできるのです。 その施設とは高齢者や障害者を介護する施設です。 看護師が働いているイメージがあまりありませんが 転職するのならば結構おすすめできる職場です。

患者さんの介護を目的とする施設では、 入居者の検診や、緊急時の対応、ケアサポートなど 医療の専門家として看護師が活躍できるのです。 高齢化社会が進む中、とくに高齢者のための 介護施設はこれからも増加してくと思われますので ますますこのような施設での看護師の求人が増えていくでしょう。

また、介護施設の場合は介護福祉士、理学療法士など 他の職業の人もたくさんいます。 むしろ看護師よりも介護系の職業の人の方が多いでしょう。 違った分野の人々と強力して、入居者がより良く 生活できるような空間を作っていかなくてはなりません。

看護師として介護施設ではたらきますので、 やはり患者さんを看護することはありますが、 病院よりもそのような行為は少ないため、 圧倒的に精神的や肉体的に負担が軽いです。 そのため、病院などでは働かずにずっと介護指導で 働くという看護師もいるくらいなのです。

実は介護施設の入居者のお世話のほとんどを 介護職の人がするので、看護師の主な仕事は、 入居者の健康管理、状態が変わった時の対応などです。 もしも治療が必要な場合は、すぐに患者さんを 病院に連れて行くのも看護師の仕事です。

看護をするというよりも、施設と病院を繋げる 架け橋になるといった感じでしょうか。 また、介護職の人と強力しなくてなりませんし、 入居者のお世話も多少はしなくてはなりませんので コミュニケーション能力に優れている人に向いています。 他にも看護師は介護施設だけでなく色々な場所で 活動することが出来ます。

学校や企業でも働けますし、保健センターでも働けます。 最近では企業でも看護師の需要が多くなってきているので、 求人サイトなどを見て、気になる求人はないか チェックしてみるのも良いと思います。

ページの先頭へ