看護師資格から他の資格は取得可能?

まず看護師には4種類の看護師が存在します。

1つめが「看護師」であり、国家資格をもった看護師のことです。 医師の補助や患者さんのお世話をしていきます。

2つめが「准看護師」で都道府県知事から資格をもらいます。 業務上看護師との差はあまりないそうですが、 給料面が違っていたり、そもそも教育を受けてきたベースが違います。

3つめが「認定看護師」で、特定の看護分野において 専門的な看護知識と技術がある人のことです。 そして、日本看護協会から認定をうけた看護師のことです。

4つめが「専門看護師」で、日本看護協会専門看護師認定試験に 合格していなければなりません。 看護師は看護師でもこのように種類がわかれており、 認定看護師や専門看護師は看護師が スキルアップしたものだと思ってもよいでしょう。

そして、この看護師の資格を活かして取得できる資格がまだあります。 それは「助産師」と「保健師」です。 助産師とは分娩と助産を担当するものであり、 出産後も母子ともに健康指導を行うことのできる資格です。

また、へその緒を着る行為や、妊娠の診断、 臨時の応急処置なども助産師の資格があれば 独自の判断で行うことが出来るのです。 助産師の資格は、看護師の資格を取得してから、 1年間助産師養成施設に通ってから 国家試験に合格しなければなりません。

専門学校ではなく、看護系の4年制大学に通っていれば 助産に関する科目を履修することができますので、 履修すれば受験資格がもらえるのです。 そしてもう一方の保健師ですが、 市町村の除権所や、企業や学校などで勤務し、 健康管理や健康指導を行います。

保健師の資格は看護師の資格を取得してから。 文部科学大臣指定の学校で半年以上保健師になるための 学科を履修しなければなりません。 もしくは厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業した人か 海外で保健師学校を卒業または保健師の免許を 取得した人に保健師の受験資格が与えられます。

助産師も保健師も看護師の資格を取得した上で 受験することの出来る国家資格なのです。 看護師で更にスキルアップを目指したい人や 職業選択の幅を広げたい人は 目指してみるのも良いかもしれません。

ページの先頭へ