看護師としてステップアップしていくために

どんな仕事でも、長年続けていくと得るものは大きく、その道の専門家になることができます。看護師の場合も幅広い看護業務をこなせるようになったり、専門分野を極めることが可能なのです。そのためには漠然と日々の業務をこなすのではなく、将来を見据えて仕事に取り組む必要があります。

もっと看護師としてキャリアアップしたいと考えた場合、新たな方向へ一方踏み出す道もあるのです。 たとえば看護師の資格を習得する前に専門学校で学んだ人は、大学に入って看護学を学ぶこともできます。専門学校と大学では学習内容も違いますし、学問に対する取り組み方も異なっています。

もし特定の分野に興味を持っているのであれば、その分野を深く学んでみるのもよいでしょう。また、認定看護師や専門看護師を目指す方法もあります。これらは一般的な看護師よりも、さらに専門的な知識を吸収し、それを現場にいかすために設けられた制度です。

せっかく看護師の仕事をするのであれば、何か専門分野を身につけてスキルアップすれば、今後も医療現場で必要とされるでしょう。ただし、認定看護師や専門看護師になるには勤続年数が5年以上などの条件があります。

また専門看護師になるためには看護系の大学院に進学する必要があるので、それが可能な人でなければ目指すことも難しくなります。看護師としてスキルアップを希望するけれど、上記のような特殊な方法では難しいと考えた場合、もう少し身近な方法として転職があります。

もちろん現在の職場で経験を積み重ねていくことで知識や実力を磨くことも可能です。でも外の世界に出ることで、より幅広い経験を積むことができるでしょう。

看護師の資格があれば、保健師を目指すこともできます。また一般の企業に転職し、そこで従業員の健康管理をしたり、研究的な仕事をすることもできます。看護師ができる仕事の範囲は意外に幅広いので、情報収集をして、より自分をいかせる職場を見つけるのも良いことだと思います。

ページの先頭へ