夜勤専従看護師として働く方法

看護師の仕事をしている人は、日勤と夜勤の両方をこなすことが多いですが、 夜勤専従という働き方もあります。これは文字通り夜勤の時だけ働く看護師のことです。正社員の場合もありますし、パートで働くケースもあります。

同じ夜勤専従であれば、正社員の方が年収は高くなります。夜勤一回あたりの報酬は変わらなくても、正社員の場合はボーナスがもらえるからです。正社員の場合はその他にも待遇面でさまざまな配慮があります。

社会的な信用も正社員の方が大きいですから、生活を安定させるために働くなら正社員が良いでしょう。 ただし、それだけ求められる責任も大きくなることは覚悟しておかなければなりません。経験を重ねるごとにリーダー的な存在となっていきますし、後輩を育成する役目も任されることがあります。

夜勤業務の仕事内容は正社員であってもパートであっても大きくは変わりませんが、求められる役割には違いがあるのです。病院側でも、以前は夜勤をこなしてくれる人であればパートやアルバイトでもいいと考えて採用していたものの、最近では様子が変わってきています。

病院の看護を質の良いものにするためにも、夜勤に関わる人は正社員か、夜勤専従の人を求める傾向があるようです。夜勤専従は手厚い手当てがありますから、収入面では昼間の仕事よりも恵まれています。また日勤と夜勤を交互にこなすよりも、勤務時間が一定ということでプライベートな時間も確保しやすいといえるでしょう。

もちろん給与や待遇面だけで安易に夜勤専従を選ぶことはおすすめできません。夜間は勤務するスタッフも少ないので、一人あたりの仕事量が多い場合もありますし、緊急時にも少ない人数で対応しなければなりませんから。

それでも、あえて夜勤専従で働きたいという人が最近は増えています。ですから、ひょっとすると自力でこの仕事を探すのは難しいかもしれません。看護師求人サイトに登録すれば、夜勤専従の求人も数多く掲載されていますから、仕事を探しやすくなるでしょう。

ページの先頭へ