その目元のせいで、10歳老けて見えます!

目元,老け顔

「目元のクマが中々消えない」「目じりのシワが目立つようになった…」そんな悩みが気になり出したら、老け顔の一歩手前です。

皮膚の薄い目元は、こういったエイジングサインが真っ先に現れる場所です。放置していると、どんどん悪化してしまいます。

 
そうはいっても、目元ケアは何から始めれば良いでしょうか?

今回は老け顔の原因にもなる、目元のクマやシワ・たるみを解説し、その対処法について見ていきます。

顔の印象は目元で決まる!

目元の印象

女性が毎朝のメイクで最も時間をかけるのが、マスカラなどのアイメイクですよね。

顔全体からしたらごくわずかな割合でしかない目元ですが、その人を印象付けるのに、最も重要な場所でもあります。

 
たとえば、ナチュラルメイクの人と長いつけまつげの人では、その印象は大きく変わりますよね。

目元の印象の重要性について、詳しく見ていきましょう。

目元の印象=あなたの印象

「初対面の人と会うときは第一印象が大切!」ってよく言われますよね。

さわやかな挨拶や整った服装も大切ですが、何より大切なのが顔、特に目元の印象です。

 
化粧品会社大手・ドクターシーラボの行った調査では、「顔の印象を決定している最も重要なパーツは?」という問いに対して、75%以上の人が「目」と答えました。

目元,顔の印象

参考

顔の印象を決定するパーツドクターシーラボ

目元はその人の年齢や表情が出やすく、「優しそう」「何歳くらいかな」といった情報が伝わりやすい部分です。

目元の印象で、「見た目年齢」が変わる!

人の顔から大体の年齢が推測できるのは、やはり目元の印象が大きいです。赤ちゃんや幼い子供は、みんな目がパッチリと開いて可愛らしいですよね。

逆に年齢を重ねると、肌がたるんでシワができ、目元が暗く、小さく見えます。

 
また目の下にクマがある場合も、疲れて不健康な印象を与えるため、やはり老けて見られます。

同じ年齢でも、「童顔」や「老け顔」の人がいますよね。思い返してみると、やはり目元の印象が影響していることが分かると思います。

関連記事: 老けて見える…目の下・まぶたのたるみを解消するには?

まだ若くても油断は禁物!

目元のシワやたるみが気になってくるのは、30代後半~40代の人が多いです。

しかし「私はまだ大丈夫!」と思っている人も、油断は禁物です。

 
目元のクマはもちろん、シワやたるみも、その原因は加齢だけではありません。

乾燥や紫外線も目元にダメージを与えるため、適切なケアをしないと、若い人でも目元が老けて見られる危険性は十分にあるのです。

 
目元のケアは、シワやたるみが気になり出してからではなく、できるだけ早くケアを始めて「予防する」ことが大切です。

以下では目元のお悩みごとに、原因と対処法を紹介していますので、是非チェックしてくださいね。

関連記事: 手遅れになる前に!エイジングケアは何歳から始める?

目のクマをなくそう!原因と対策をチェック

目のクマ,原因

忙しかったり、寝不足になったりすると、目の下にクマができることがありますよね。

目の下のクマは「疲れている」という印象だけでなく、「不健康・不衛生」「老けいる」というイメージにも繋がります。

 
目のクマの原因と、その対処法について見ていきましょう。

目のクマは3タイプある

目のクマ,タイプ

目のクマは、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプに分けられます。青クマは、目元の血行不良が原因です。

皮膚の下の毛細血管や溜まった老廃物が、皮膚から透けて見えることで、青っぽく見えます。

 
茶クマの原因は、メラニンの色素沈着です。

メラニンは目元をこする、紫外線を浴びるなどの刺激を受けて作られますが、通常は肌の代謝(=ターンオーバー)によって、古い細胞と一緒に排出されます。

 
しかしこれが滞ると、メラニンを含む細胞がどんどん蓄積するため、濃いクマになってしまうのです。

最後に黒クマですが、これは肌のたるみによって目の下に影ができることが原因です。

 
またピンとハリのある肌と比べて、たるんだ肌は光を跳ね返すことができないため、目元が余計に暗く見えてしまいます。

青クマを解消するには?

青クマを解消するには、目元の血行を改善する必要があります。

冷温タオルを交互に当てたり、目の周りをマッサージして血行を促しましょう。

 
血行と一緒にリンパの流れも良くなるため、目元のむくみ解消にも効果があります。

ただし強すぎるマッサージは、目元の皮膚がのびて肌がたるむ原因となりますので、十分注意してください。

関連記事: 疲れ顔と言わせない!タイプ別・目のクマの治し方は?

茶クマを消す方法は?

茶クマができてしまったら、古い細胞をスムーズに排出するために、肌のターンオーバーを促しましょう。

マッサージで血行を促すのも有効ですが、ピーリング剤を使って古い角質を取り除いてしまう方が、手っ取り早くておすすめです。

 
シミと同じくメラニンの色素沈着が原因ですので、美白化粧水を使っても効果が期待できますよ。

最後に、黒クマを解消するには目元のたるみケアが重要です。

 
次は目元のシワ・たるみ対策について説明するので、黒クマが気になる方はこちらを参考にして下さい。

関連記事: 目元の茶色いクマが消えない!実はアイメイクが原因かも?

目元のシワ・たるみを解消するには?

目のシワ,たるみ

笑った時にできる目じりのシワ、気になりますよね。

また「前より目が小さくなった気がする…」という方は、まぶたのたるみが原因かもしれません。

 
目元のシワやたるみは、見た目の印象を大きく左右します。原因と対処法を見ていきましょう。

目元のシワやたるみの原因は?

目元のシワの代表的な原因は、「乾燥」と「肌の老化」、そして「筋肉の衰え」です。

目尻にできる細かいシワは、肌の乾燥によって引き起こされます。

 
乾燥して細胞内の水分量が減ると、肌のハリが失われるため細かいシワができるのです。

一方で刻み込まれたような深いシワは、肌の老化が原因です。肌のハリを作っているコラーゲンやエラスチンは、年齢と共にその分泌量が減っていきます。

 
ハリを失った肌は重力に引っ張られてたるみ、それが深いシワを作るのです。

目元の筋肉が衰えて細くなることも、余った皮膚がたるんで重なることで、シワの原因になります。

 
また筋肉が衰えると、血行が悪化して老廃物が溜まりやすくなるため、目元がむくみ、これもたるみ・シワの原因になります。

関連記事: 目尻のシワに保湿ケアは間違い?!正しい対処法は?

目元のシワ・たるみを解消する方法は?

乾燥が原因のシワであれば、しっかり保湿することで簡単に解消できます。

しかし加齢が原因のシワやたるみの場合、それを解消するのは容易ではありません。

 
肌の老化が時間をかけてジワジワと進行したように、それを解消するのにも時間がかかります。

肌にハリを与える、コラーゲンやエラスチン、コエンザイムQ10などを、化粧品などから取り入れましょう。

 
また、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えることも、目元のシワ・たるみ対策に効果的です。

眼球を大きく動かしたりマッサージすることで、目元がパッチリとした印象になりますよ。

関連記事: 目元の「笑いじわ」をなくすには?すぐできる3つの対策を紹介!

エイジングケアは今すぐはじめて!

「エイジングケアは40~50代の人がやるもの」と決めつけていませんか?

「シワやたるみが気になり出してからでいいかな?」と考える人も多いかと思いますが、実はそれでは遅すぎます。

 
エイジングケアで大切なことは、シワやたるみが「できてから消す」ではなく、「できる前に予防する」ことです。

「そうはいっても、高価な化粧品を使うのはまだ早いし…」という方は、年齢が一番出やすい目元のケアから始めてみて下さい。

 
以下では目元の集中ケアができる「アイクリーム」について、詳しく紹介します。

アイクリームで目元の印象をアップしよう!

アイクリーム,目元の印象

顔の中でも特に年齢の出やすい目元。ここをしっかりケアできるかどうかで、3年後、5年後の見た目年齢は大きく変わります。

ここでは簡単に始められる目元ケアアイテム、「アイクリーム」について、詳しくみていきましょう。

アイクリームって何?

アイクリームは、目元専用の美容液(クリーム)です。

目元のクマやシワ・たるみの解消に効果のある成分を含んでいて、いつものスキンケアにプラスして使用します。

 
目元だけ特別なケアが必要なのは、アイメイクなどで負担をかけやすい上、皮膚が薄く年齢が出やすい箇所だからです。

優しくマッサージしながら塗り込むことで、血行を促進してむくみを解消する効果もあります。

安いアイクリームでも効果はある?

アイクリームは、1,000円台で買えるものから2万円以上する高価なものまで、幅広い価格帯で販売されています。

「安いアイクリームは効果がない」という口コミを見かけることもありますが、全てがそうとは言い切れません。

 
アイクリームの価格の差は、その配合成分によるところが大きいです。

安いアイクリームは保湿成分がメインであることが多いのに対して、高価な商品ではアンチエイジング化粧品のような、肌ハリアップ効果の望める成分を含むものが多いです。

 
加齢が原因のシワやたるみに悩む人にとっては「安い商品は効果がない」場合もありますが、目元の乾燥に悩む人なら安いものでも、それなりに効果を実感できるはずです。

ただし安いアイクリームは、界面活性剤や防腐剤などの添加物が多く含まれている可能性が高いです。

 
肌にとって負担となるため、肌荒れを起こしやすい人はやめた方が良いかもしれません。

関連記事: プチプラは効果なし?コスパの良いアイクリームの選び方は?

他の化粧品でも代用できる?

アイクリームに含まれる成分は、他の化粧品と比較して大きく異なることはありません。

保湿目的であれば化粧水やクリーム、シワ・たるみ対策であればアンチエイジング化粧品でも代用できます。

 
しかし目元を集中的にケアしたいのであれば、やはりアイクリームを使う方がベターです。

目元の皮膚は薄くデリケートなため、より成分やテクスチャーにこだわった商品を選ぶ必要があるからです。

 
また先ほども挙げたように、「エイジングケア化粧品はまだ買えないけど、目元ケアは今すぐ始めたい」という人にも、アイクリームがオススメですよ。